中国語

【中国語文法基礎】形容詞述語文|「很」の意味と用法

形容詞述語文

大家好!

「形容詞述語文も、英語のbe動詞みたいに、”是” を使えばいいんでしょ。」

ってそれは間違いです!

では、形容詞述語文はどのようなものなのでしょうか?
さっそく見ていきましょう。

中国語の形容詞述語文とは

形容詞述語文とは、形容詞が述語になる文のことです。

注意:判断を表す”是” は使いません。

基本形:

  • <名詞> + “很” + <形容詞>(非比較)
  • <名詞> + <形容詞>(比較)

例文:

“今天很冷” —今日は寒いです。

ねこ学徒
ねこ学徒
むむ? “很”ってなんだにゃ?

中国語の形容詞述語文の意味や用法

ここでは、形容詞述語文の意味や用法について説明します。

「形容詞が述語になる」とは?

今回は、形容詞が述語になるパターン=形容詞述語文について説明します。

“今天很冷”(今日は寒いです。)では、述語部分に“冷”(寒い)という形容詞が置かれていることがわかります。

実は、中国語では形容詞だけでなく、動詞・名詞・主述文が述語になることがあるんです。

中国語の述語パターン

それでは“很”とはいったい何なのか説明していきます。

“很” とは何か

“很” は、形容詞や動詞の前について、「とても」といった意味を表す程度副詞です。

しかし、先ほど“今天很冷”(今日は寒いです。)と言いました。

ねこ学徒
ねこ学徒
和訳に『とても』という副詞の意味がぬけてるにゃ!

とお怒りの方(ネコ)もいらっしゃるかもしれません。

では、なぜ「とても」を訳しださなかったのでしょうか?

実は程度副詞 “很” は、「比較の意味を打ち消す機能」を持っているのです!!!

次の項目で詳しく見てみましょう。

形容詞述語文の肯定表現

形容詞述語文の肯定表現には2パターンの作り方があり、意味が異なります。

  1. 非比較用法
    <主語> + <程度副詞> + <形容詞>
  2. 比較用法
    <主語> + <形容詞>
ねこ学徒
ねこ学徒
例を見れば何をいってるのか、すぐにわかるにゃ!

例文:

“今天很冷” 
—今日、寒い。

“今天冷”  
—今日は寒い。(昨日は暖かかった。)

このように、程度副詞がない場合には「他と比較してどうか」という意味が付与されます。

そのため、副詞 “很” を挿入することで、その比較の意味を打ち消しているのです。

一歩進んで!

さて、勘のいい方(ネコ)はこう考えていることでしょう。

ねこ学徒
ねこ学徒
でも、副詞 “很” にはそもそも『とても』という意味があるにゃ?!

たしかにその通り。どうすれば「とても」という意味が伝わるかというと…

ずばり副詞 “很” を強調して読む!

例文:

“今天很冷”  
—今日は寒いです。

“今天冷”  
—今日はとても寒いです。

※太字は強調を表す。

声調を変えないように全体を高くしたり、音量を上げたり、前後にポーズをいれたりすればいいです。

形容詞述語文の否定表現

それでは、形容詞述語文の否定表現についてみてみましょう。

副詞が付けば比較の意味はなくなるので、
形容詞の直前に否定を表す “不” を置けばいいです。

例文:

“今天不冷”  
—今日は寒くない。

“那本书不厚” 
—あの本は厚くない。

さて、程度副詞と否定副詞を一緒に使うとどうなるでしょうか。

①<主語> + <程度副詞> + 不 + <形容詞>
例文:

“我的手机太不好用。” 
—私のスマホは、あまりに使いにくい。(使いにくすぎる。)

“这个网站很不方便。” 
—このサイトは、とても不便である。

※程度副詞が “不”+ <形容詞> を修飾します。

②<主語> + 不 + <程度副詞> + <形容詞>
例文:

“我的手机不太好用。”
—私のスマホは、使いやすいというわけではあまりない。(あまり使いやすくない。)

“这个网站不很方便。”
—このサイトは、とても便利というわけじゃない。(それほど便利じゃない。)

※”不” が、<程度副詞> + <形容詞> を修飾します。

特殊な場合|”有意思”(面白い) の否定は “没有意思”

中国語のうちいくつかの形容詞は、”有” を使っています。

この場合、否定の副詞 “没” のみが使用可能です。

例文:

没有意思(面白くない)
没有礼貌(礼儀正しくない。)
没有规律(規則正しくない)

形容詞述語文の疑問表現

形容詞述語文の疑問表現には、大きく3種類あります。

  1. “吗”を使った疑問文
  2. 反復疑問文
  3. 疑問詞疑問文

①”吗” を使った疑問文

例文:

“今天冷吗?”  
—今日は寒いですか?

“你身体好吗?” 
—体調はいいですか?

※文末に “吗” を加える。⇒動詞述語文を参照。

②反復疑問文

例文:

“今天冷不冷?”  
—今日は寒いですか?

“他个子高不高?” 
—彼は身長が高いですか?

※肯定形と否定形を反復させる。⇒反復疑問文を参照。

③疑問詞疑問文

例文:

“哪个小?”  
—どれが小さいですか?(比較)

“谁最年轻?” 
—誰が一番若いですか?

※疑問詞を使う。⇒疑問詞疑問文を参照。

中国語の形容詞述語文の例文を見てみよう!

最後にまとめて例文を確認しておきましょう。

形容詞述語文の例文

“今天冷吗?”
—今日は寒いですか?

“今天不冷,昨天冷。”
—今日は寒くないよ。昨日は寒かった。
※「昨日は寒かった」➡ 比較を表す。

“那家店平时都很热闹。”
—あの店はいつもにぎわっている。

“他们都好热情啊。”
—彼らは皆すごく優しいなぁ

“日本面积小,人口多”
—日本は面積が小さいが、人口は多い。
※比較を表す。

“2020年春天北京的疫情严重吗?”
—2020年春の北京のウィルス蔓延状況は深刻ですか?

“你们身体好不好?” 
—あなたたちは体調どうですか?

“我们身体都很好。” 
—私たちの体調は皆良好ですよ。

まとめ:中国語の形容詞述語文とは、形容詞が述語になった文のことで、”很”は比較を打ち消す機能もある。

今回は、形容詞述語文とは何か、程度副詞 “很” とは何かを確認しました。

“很” は、形容詞を使って名詞を修飾する場合 においても重視される文法項目です。

“这个好吃” 
―これは美味しい(ほかは美味しくない?!)

というように、ミスコミュニケーションの元になるので忘れないようにしましょう。

文法事項を1つ1つ積み重ね、中国語マスターへの道を進みましょう!

ABOUT ME
唐
Webメディア外大.net 言語地域記事 総合ディレクター。 これまでに数々の学生団体の運営を通し、NHKやニュースZEROなど国内メディアに多数出演経験あり。 2018年に日本語教育能力検定、HSK6級ともに一発合格。北京清華大学に留学経験あり。 現在は、国内外の日本語教育機関に携わり、中国語母語話者向けの日本語教師を担当している。 タピオカが主食。 ※中国語ピンイン担当:後輩ayaくん