中国語

【中国語基礎文法】状態の持続を表すアスペクト助詞 “着” の用法

状態の持続を表す 着

大家好!

今回は、動作の進行を表す副詞 “在”とペアで学習することの多い、

状態の持続を表すアスペクト助詞 “着” を解説していきます!

それでは、さっそくみていきましょう!

【中国語】状態の持続を表すアスペクト助詞 “着” とは

状態の持続を表す “着” とは、
動作性の弱い動詞の直後において「~ている」を表す語気助詞です。

基本形:
<動詞> + “着”

また、語気助詞 “呢”を文末に用いることもあります。

例:
“我在床上躺着”
―私はベッドに横になっている。

“我站着听课。”
―私は立って授業受ける。

“墙上挂着一幅中国画”
―壁に中国絵画がかかっている。

では、どんな特徴があるのでしょうか?

【中国語】状態の持続を表すアスペクト助詞 “着” の特徴

ここでは、状態の持続を表すアスペクト助詞 “着”の特徴について説明します。

主に、三つの用法がありますが、まずは副詞 “在”との違いを見てみましょう。

副詞 “在”と アスペクト助詞 “着” の違い

まず、副詞 “在”と、アスペクト助詞 “着” の違いについて簡潔にまとめます。

用法 重点
副詞 “在” 動詞句の前に置く “動作”の進行
アスペクト助詞 “着” 動詞の直後に置く “状態”の持続

①服を着ている(今袖を通している。)
我正在穿衣服。

②服を着ている(裸ではない。)
我穿着衣服。

という二つの表現が、日本語では「~ている」という同じ形で表現されるので混同してしまうのです。

ここで新たな知識、アスペクト助詞 “着”は、
動作性の強い動詞につけることができません。

〇 “他在打电话。”
―彼は電話をしています。

× “他打着电话。”
―彼が電話をしていると。

この場合、後続する文が来る場合は可能です。なんだか、アスペクト助詞 “了”の使い方と似ていますね!

“他(正)打着电话,外边打雷了。”
―彼が電話をしていると、外で雷が落ちた。

それでは、 状態の持続を表す語気助詞 “着” の用法について見てみましょう。

Ⅰ.動詞述語文での用法

動詞述語文とは、動詞が述語になる文のことです。

その動詞に、<動詞>+着のセットを使うということです。

例:
“我在床上躺着。”
―ベットの上で横になっています。

“孩子们在桌子上坐着。”
―子供たちがテーブルに座っている。

Ⅱ.連動文での用法

主に、連動文の一つ目の項で用いて、手段を表す用法。

例:
“他们走着过来。”
―彼らは歩いてやってきます。

“老师站着上课。”
―先生は立ったまま授業をします。

Ⅲ.存在文での用法

存在文で用いて、後ろにくる名詞がどのようであるか表します。

例:
“这个房间里放着你们的行李。”
―この部屋には、あなた方の荷物が置かれている。

“海报上面写着「齐心协力」这四个字。”
―ポスターには、「心を一つにして協力しましょう」という4文字が書かれている。

そのほかの用法

そのほかにも、二つほど大事な用法があります。
どちらも、主に動作性の強い動詞を用いた場合ですね。

①複文の従属節で「~していると/が」を表す用法

“外边下着雪,可没我想像的那么冷。”
―外で雪が降っているが、想像よりは寒くない。

“他(正)打着电话,外边打雷了。”
―彼が電話をしていると、外で雷が落ちた。

②「~着~着」(~しているうちに)という用法

“我弟弟跑着跑着,突然跌倒了”
―弟は走っているうちに、突然倒れた。

“这个字很难写,写着写着就走样了”
―この字は書きにくくて、書いているうちに不格好になる。

まとめ:アスペクト助詞 “着” は、動作性の弱い動詞の直後について状態の持続を表す。

基本的な用法は3つです。大変わかりやすいと思います。

余裕がある人は、以下もお忘れなく。
動作性の強い動詞を用いる時は後続内容を用意すること。

文法事項を1つ1つ積み重ね、中国語マスターへの道を進みましょう!

ABOUT ME
唐
Webメディア外大.net 言語地域記事 総合ディレクター。 これまでに数々の学生団体の運営を通し、NHKやニュースZEROなど国内メディアに多数出演経験あり。 2018年に日本語教育能力検定、HSK6級ともに一発合格。北京清華大学に留学経験あり。 現在は、国内外の日本語教育機関に携わり、中国語母語話者向けの日本語教師を担当している。 タピオカが主食。 ※中国語ピンイン担当:後輩ayaくん