中国語

【中国語文法基礎】経験を表すアスペクト助詞 “过”

経験を表す 过

大家好!

今回は、経験を表すアスペクト助詞 “过”について説明します。

「私は中国に行ったことがありません(´;ω;`)」はなんと言う?

さっそく見ていきましょう。

【中国語】経験を表すアスペクト助詞 “过”とは

経験を表すアスペクト助詞 “过”とは、
動詞の後について「~したことがある」を表す助詞のことです。

例:
我之前来过这里。
―私は前ここに来たことがある。

他没躺着看过书。
―彼は横になって本を読んだことがない。

【中国語】経験を表すアスペクト助詞 “过”の特徴

ここでは、経験を表すアスペクト助詞 “过”について説明します。

経験を表すアスペクト助詞 “过”の発音

経験を表すアスペクト助詞 “过”は、
常に軽声で発音されます。

第4声ではないので気を付けてください。

経験を表すアスペクト助詞 “过”の用法

用法は、超簡単。

動詞の後に过を付けるだけです。

そして、
経験を表すということは過去のことを表しているので、
“没”を使って否定形を作ります。

その際、
完了のアスペクト”了”とは異なり、没を付けても動詞直後の”过”は残ります。

肯定形:
我妈去过小明家。
―母は明くんの家に行ったことがある。

否定形:
我妈没去过小明家。
―母は明くんの家に行ったことがない。

否定形を使用する場合には、副詞”从来”(これまで~)が共起することが多いです。。

また、疑問形については文末に “吗?” を付けるか、反復疑問文にします。

疑問形:
你去过小明家吗?
―あなたは明くんの家に行ったことがある?

你去过小明家没有?

反復疑問文の作り方については、反復疑問文を参照。

その他の注意事項

文章読解の際には、動詞についている”过”が本当に経験を表すアスペクト助詞 “过”であるかどうかに気を付けましょう。

例:
“我已经洗过澡了”
―私はもう風呂に入り切った。

このように、動詞の後につく結果補語(「最後まで~しきる」を表す)かもしれません。

また、連動文では作文の際に注意が必要です。

経験を表すアスペクト “过”は、<動詞2> につき、否定の副詞”没”は、<動詞句1>の前につく

例:飛行機で名古屋に行ったことがある。

我坐飞机去名古屋。

坐飞机去名古屋。

詳しい説明については、連動文とは何か?を参照。

【中国語】経験を表すアスペクト助詞 “过”の例文を見てみよう!

最後にまとめて例文を確認しておきましょう。

経験を表すアスペクト助詞 “过”

“你去年参加过我们的活动吗?”
—去年私たちの活動に参加したことある?

“我从来没做过这道菜。”
—この料理は今までつくったことがない。

“你喝过珍珠奶茶吗?”
—タピオカ(ミルクティ)は飲んだことある?

 ”我喝过。”
 ―飲んだことある。

“你学过汉语吗?”
—中国語学んだことある?

“我之前见过他三次。”
—以前彼に三回会ったことがある。

“这件事我以前也说过。”
—このことは、前にも話したことがある。

“你们讨论过这样的话题吗?” 
—君たちはこのようなトピックを話しあったことがありますか?

“你在北京留学过一年。” 
―北京に一年間留学したことがある。

“我没去过中国。”
―私は中国に行ったことがない。

まとめ:経験を表すアスペクト助詞 “过”は、動詞の後について、「~したことがある」という経験を表す。

今回は、経験を表すアスペクト助詞 “过”とは何かを確認しました。

とっても簡単に覚えられる上に、よく使う表現なのでぱぱっと覚えちゃいましょう!

文法事項を1つ1つ積み重ね、中国語マスターへの道を進みましょう!

ABOUT ME
唐
Webメディア外大.net 言語地域記事 総合ディレクター。 これまでに数々の学生団体の運営を通し、NHKやニュースZEROなど国内メディアに多数出演経験あり。 2018年に日本語教育能力検定、HSK6級ともに一発合格。北京清華大学に留学経験あり。 現在は、国内外の日本語教育機関に携わり、中国語母語話者向けの日本語教師を担当している。 タピオカが主食。 ※中国語ピンイン担当:後輩ayaくん