中国語

【中国語文法基礎】程度補語「得很」「得要命」「极了」「死了」

程度補語 意味 用法

大家好!

今回は程度補語で特有な表現「得很」「得要命」「极了」「死了」などについて学んでいきます!

それぞれの意味と用法を確認していきます。

【中国語】程度補語とは

程度補語とは、形容詞や感情性のある動詞について、その程度の高さを補足説明する文法項目です。

様々な言い方はありますが、すべて「とても~」「すごく~」といった意味を表します。

基本形:
<形容詞> + <程度補語>
<動詞> + <程度補語>

程度補語の種類:

  1. 直前に“得”を置くもの
  2. 直前に“得”を置かず、直接結ぶもの

例文:

“我渴得要命。”
―私は喉が渇いてしかたない。

“我给了小明生日礼物,他高兴极了”
―明くんに誕プレをあげたら、ものすごい喜んでくれた。

では、程度補語の用法や種類について確認していきましょう!

【中国語】程度補語と動詞

程度補語に接続する動詞は、心理活動や様態を表す動詞に限られます。

例文:

“这杯珍珠奶茶,我喜欢死了!”
―このタピオカミルクティー、死ぬほど好きなんだが!

“你想家吗?”
 ―ホームシックですか?

 ”我想得很。”
 ―めっちゃホームシックです。

“你父母像极了。”
―あなたの両親はものすごく似ています。

また、目的語がある場合には様態補語の用法で確認したように重複させます。

“他想自己的孩子想极了。”
―彼は大変強く自分の子供を恋しく思っている。

△ “我爱你爱死了!”
―あなたのこと、死ぬほど愛してる。
※同じ意味では “我爱死你了!”ということが多い。

△ “你像爸爸像极了。”
―君、お父さんにものすごい似てるね。
※同じ意味では “你跟爸爸像极了。”ということが多い。

【中国語】程度補語の種類とよく使う表現

種類は大きく2種類。

  1. 直前に“得”を置くもの
  2. 直前に“得”を置かず、直接結ぶもの

①直前に“得”を置くもの

よく使う表現を載せておきます。意味はほとんど同じです。

「得很」

“这条路窄得很。”
―この道はとっても狭い。

「得要命」

“今天热得要命。”
―今日は暑くて死にそうだ。

「得不得了」

“我喜欢得不得了。”
―好きでたまらない。

②直前に“得”を置かず、直接結ぶもの

よく使う表現を載せておきます。意味はほとんど同じです。

「极了」

“高兴极了!”
―嬉しすぎる!

「死了」

「杀死了」(殺して死なせた)のように結果補語である場合もあるので読み間違えないようにしましょう。

“他们吵死了。”
彼らは死ぬほどうるさい。

「坏了」

「弄坏了」(壊した)のように結果補語である場合もあるので読み間違えないようにしましょう。

“今天我累坏了。”
―今日私は、ばたんきゅうだ。

まとめ:程度補語には大きく2種類存在するが意味の差はほとんどない。目的語があるときは反復させる。

今回は、程度補語について学習しました。

目的語がある場合には、それを動詞で挟み込む構造になる場合があるのでお気をつけて。

文法事項を1つ1つ積み重ね、中国語マスターへの道を進みましょう!

ABOUT ME
唐
Webメディア外大.net 言語地域記事 総合ディレクター。 これまでに数々の学生団体の運営を通し、NHKやニュースZEROなど国内メディアに多数出演経験あり。 2018年に日本語教育能力検定、HSK6級ともに一発合格。北京清華大学に留学経験あり。 現在は、国内外の日本語教育機関に携わり、中国語母語話者向けの日本語教師を担当している。 タピオカが主食。 ※中国語ピンイン担当:後輩ayaくん