中国語

【中国語文法基礎】はじめから学ぶ結果補語② “到” “见” “好” “住” “掉”など

はじめから学ぶ結果補語②

大家好!

今回は、はじめから学ぶ結果補語の第二回。
用法は全く一緒ですが、表される意味に注意が必要です。

また
可能補語や把構文につながる大事な項目です。

さっそくまいりましょう!

【中国語】結果補語とは?

結果補語とは、
動詞の直後について、その動作がどのようになされたかという結果を表す補語です。

例:
“我昨晚见了小明。”
―私は昨晩、明くんに会った。

“我没听老师讲的话。”
―先生が話したことを私は聞き取れませんでした。

※赤字で示したものが、結果補語

否定形には “没(有)”を使います。

今回はそのうち、抽象的な意味を表す結果補語について説明していきます。

【中国語】抽象的な意味を表す結果補語の特徴

ここでは、抽象的な意味を表す結果補語の特徴について説明しています。

今回は、特によく使用するものについて説明します。

よく使う抽象的な結果補語のコアイメージ

まずはそれぞれのコアイメージをつかむようにしましょう。

結果補語 イメージ
到達・達成する、getする
感じとる(感覚・知覚)
完成。満足できる。
しっかりしている。
すっからかん
排除・離脱
元の場所から離れる
ねこ学徒
ねこ学徒
それぞれ説明していくにゃ!

結果補語 “到”

“到” のコアイメージは、「到達・達成する、getする」でした。

例文:

“我终于找到了这个东西!”
―やっとこれを見つけた!

“他好像已经走到门口了”
―彼はどうやら入口にたどり着いたようだ。

“我哥哥拿到了博士学位。”
―兄は博士の学位を手に入れた。

結果補語 “见”

“见” のコアイメージは、「感じとる(感覚・知覚)」でした。

例文:

“我看见他过来。”
―彼がやってくるのが(しっかりと)見えた。
※ “了”は使えない。

“我听了几次,但没听见。”
―何度か聞いたが、(しっかりと)聞こえなかった。

結果補語 “好”

“好” のコアイメージは、「完成。満足できる。」でした。

例文:

“我还没学好基础的语法。”
―私はまだ基礎の文法をものにしていません。

“你吃好了吗?”
―(しっかりと)食べきりましたか?

結果補語 “住”

“住” のコアイメージは、「しっかりしている。」でした。

例文:

“抓住机会不放走。”
―機会を(しっかりと)つかんで離さない。

“我还没记住课文的内容。”
―私はまだテキストの内容を覚え込んでいない。

“你拿住!别掉了。”
―しっかり持って!落とさなないで。

結果補語 “光”

“光” のコアイメージは、「すっからかん」でした。

例文:

“金钱都花光了。”
―お金はすべてすっかり使い果たした。

“他一个人喝光了一瓶白酒。”
―彼は一人で白酒(中国の強いお酒)を飲みほした。

結果補語 “掉”

“掉” のコアイメージは、「排除・離脱」でした。

例文:

“木下一口气吃掉了菜单上所有的菜。”
―木下はメニューにあるあらゆる料理を一気に食べきった。

“请你一定要扔掉这个垃圾。”
―このゴミを必ず捨ててしまってください。

結果補語 “走”

“走” のコアイメージは、「元の場所から離れる」でした。

例文:

“我的手机被小明拿走啦!”
―私の携帯は明くんに持ってかれた!

“我可能会被调走。”
―たぶん転勤させられる。

まとめ:抽象的な結果補語は、コアイメージをとらえて動詞とセットで覚える。

今回は、前回より一歩進んで、抽象的な意味を表す結果補語について勉強しました。

ポイントは、コアイメージをとらえて動詞とセットで覚えておくこと

文法事項を1つ1つ積み重ね、中国語マスターへの道を進みましょう!

ABOUT ME
唐
Webメディア外大.net 言語地域記事 総合ディレクター。 これまでに数々の学生団体の運営を通し、NHKやニュースZEROなど国内メディアに多数出演経験あり。 2018年に日本語教育能力検定、HSK6級ともに一発合格。北京清華大学に留学経験あり。 現在は、国内外の日本語教育機関に携わり、中国語母語話者向けの日本語教師を担当している。 タピオカが主食。 ※中国語ピンイン担当:後輩ayaくん