中国語

【中国語文法基礎】連体修飾語と「的」―名詞を使って修飾するぞ!編―

連体修飾語①

大家好!

今回は、連体修飾語と “的” に関する基礎事項を説明します。

簡単に言えば、ここで中国語での修飾方法について学ぶことができます。

日本人としては、英語に比べて簡単!
一つずつ確認していきましょう。

【中国語】連体修飾語と “的” とは

連体修飾語と “的” とは、「修飾語句+ “的” 」の組み合わせを指します。

一般に、中国語の修飾!と言った時の表現方法です。

今回は、基礎である名詞で名詞を修飾する例をみていくことにします。

【中国語】連体修飾語と “的” の特徴

ここでは、連体修飾語と「的」の特徴について説明します。

連体修飾語の「的」の使い方

まず、中国語で “的” が用いられるときは
「名詞を修飾する用法」
であることが極めて多いです。

今回はそこに焦点をあてて説明していきます。

使い方はとっても簡単。日本語によく似ています。

基本形:
<修飾内容> + “的” + <修飾したい名詞>

連体修飾語に人称代名詞を使用した用法

まずは、連体修飾語と「的」の超基本形について説明します。
連体修飾語の「的」の前に、<人称代名詞>を置いた例を見ていきましょう。

超基本形
<人称代名詞> + “的” + <修飾したい名詞>

日本語 中国語
私の本 我的书
wǒ de shū
あなたの趣味 你的爱好
nǐ de àihào
彼らの仕事 他们的工作
tāmen de gōngzuò
彼女の自転車 她的自行车
tā de zìxíngchē

中国語は、英語のように語形変化が一切ないため、それぞれの代名詞の後に直接 “的” を置けば良いです。

どうですか?とっても簡単でしょう?!活用を覚えなくていい!

ねこ学徒
ねこ学徒
え、本当にこれだけでいいのかにゃ?

と、このように心配な方もおられるでしょう。例外について示します。

例外:
修飾したい名詞=所属先 or 親族名称 → “的” が省略されやすい

どういう意味でしょうか。例を見てみましょう。

日本語 中国語
私たちの学校 我们学校
wǒmen xuéxiào
あなたたちの研究所 你们研究所
nǐmen yánjiūsuǒ
私のお母さん 我妈妈
wǒ māma
彼女のお父さん 她爸爸
tā bàba

と、このようになります。

また、人称代名詞で示した通り、中国語では日本語よりも人称代名詞を多用する傾向があるので気をつけましょう。

日本語 「お母さんが京都に行く。」
中国語 “我妈妈去京都。”
Wǒ māma qù jīngdū.

連体修飾語に性質を表す語を使用した用法

ここでは、連体修飾語に性質を表す語を使用した用法について説明します。

ねこ学徒
ねこ学徒
性質を表す語とは何だにゃ!

例えば、言語名や地名のことです。
地名というのは、 “京都”,“中国”,“北京” などのこと。

これらを使うときに注意が必要です。

<性質を表す語> + <修飾したい名詞>➡ “的” が省略!

例を見てみましょう。

日本語 中国語
中国人の友達 中国朋友
Zhōngguó péngyǒu
中国(国として)の友達 中国的朋友
Zhōngguó de péngyǒu
中国語で書かれた本 中文书
Zhōngwén shū
中訳された本(or中国語教本?) 中文的书
Zhōngwén de shū

ということになります。

中国語教本という意味で “中文的书” という表現はあまり聞きません。
“中文教材” などとすべきでしょう。

連体修飾語に人称代名詞を使用した用法の項目で、「所属の場合は “的” を省略」を感覚的に理解していればすんなり理解できるかと思います。

連体修飾語と被修飾語が複雑になったときの注意

連体修飾語に人称代名詞を使用した用法と、連体修飾語に性質を表す語を使用した用法について学習しました。

では、以下の2点の場合と例文を確認しましょう。

Ⅰ親族や所属先が普通名詞を修飾する場合

“我妈妈的书”
wǒ māma de shū
私のお母さんの本

“他们学校的课程”
tāmen xuéxiào de kèchéng
彼らの学校の教育課程

Ⅱ親族や所属先が性質を帯びる語を修飾する場合

“我爸爸的中文书”
wǒ bàba de Zhōngwén shū
私のお父さんの(持っている)中国語の本

“我妈妈的中国朋友”
wǒ māma de Zhōngguó péngyǒu
私のお母さんの中国人の友だち

ポイント:“的” を使った修飾構文では、最後の被修飾語の前に “的” を置く!

しかしながら、「Ⅱ親族や所属先が性質を帯びる語を修飾する場合」には、性質を帯びる語をひとまとまりにして考えます。

〇 “我妈妈的中文书”
wǒ māma de Zhōngwén shū
〇 “我妈妈的中国朋友”
wǒ māma de Zhōngguó péngyǒu

△ “我妈妈中文的书”
△ “我妈妈中国的朋友”

※中文、中国人のを強調する場合なら口語において可能

気を付けてください。

例文を見てみよう!

最後にまとめて例文を確認しておきましょう。

連体修飾語と “的”

“我们学校一共有多少人?”
Wǒmen xuéxiào yígòng yǒu duōshǎo rén

—あなたたちの学校には、合わせて何人いますか?

“你的爱好是什么?”
Nǐ de àihào shì shénme?

—あなたの趣味はなんですか?

“我昨天晚上遇见了我妈妈的中国朋友。”
Wǒ zuótiān wǎnshang yùjiànle wǒ māma de Zhōngguó péngyǒu.

—私は昨日の夜、ママの中国人の友だちに遭遇した。

“我朋友中文书的内容很复杂。”
Wǒ péngyǒu Zhōngwén shū de nèiróng hěn fùzá.

—友だちの(持っている)中国語の本の内容が難しい。
※このように名詞が並ぶ時には、最後の被修飾語の直前に “的” を置く。

まとめ: 連体修飾語と「的」とは、修飾文を作る際の基礎事項

今回は、連体修飾語の名詞を使って修飾する方法について確認しました。

英語とは異なり、whichなどを使うことも、活用することもないので、本当に簡単だったと思います。

名詞以外を使って修飾する場合はどうすればいいの?
連体修飾語と「的」―文や形容詞で修飾するぞ編―

文法事項を1つ1つ積み重ね、中国語マスターへの道を進みましょう!

ABOUT ME
唐
Webメディア外大.net 言語地域記事 総合ディレクター。 これまでに数々の学生団体の運営を通し、NHKやニュースZEROなど国内メディアに多数出演経験あり。 2018年に日本語教育能力検定、HSK6級ともに一発合格。北京清華大学に留学経験あり。 現在は、国内外の日本語教育機関に携わり、中国語母語話者向けの日本語教師を担当している。 タピオカが主食。 ※中国語ピンイン担当:後輩ayaくん