中華圏情報

Wechatのパソコン利用方法について|メリット・注意点等

Wechat(ウィチャット)とは、中国におけるlineに該当するコミュニケーションアプリです。

Wechatは基本的にスマホで利用されることが多いです。

しかし、lineと同じようにパソコンでも使用することができます。

仕事でも利用しやすくするために、パソコンでの利用方法について確認していきましょう。

Wechatをパソコンで利用するメリットと注意点

ここではパソコンでWechatを利用するときのメリットと注意点を確認します。

メリット

まずはパソコン版を使うことのメリットを確認しておきましょう!

  • あるグループの一連の会話内容を、別のグループに共有することができる。
  • Skypeのように通話接続できる。※アプリ版のみ
  • lineのようにスマホからパソコンにデータを簡単に移せる。

1つ目については、ワードなどで文字をコピーするように、Wechatのトーク画面でトーク内容をコピーすることができることを表します。

コピーしたら、同じグループでも、別のグループにも共有することができます。

特に、Aさん、Bさん、Cさん等多くの人がかかわっている会話を一度に共有することができるのは、とても便利です。

これはlineや、スマホアプリにはない機能ですね。

3つ目については、「文件传输助手(File Transfer)」を使用します。

これによって、エクセルや音楽といったデータを送信することができます。

注意点

ここでは、パソコン版を利用する際の注意点を確認します。

  • スマホ版で登録、ログインしていないと使えない。
  • パソコンでログインする前に送受信された音声は再生できない。
  • ログインしていない期間に送受信したメッセージがたまに閲覧できない。

それぞれ解決法はありません。

これらの問題が発生することを承諾したうえでの利用を行ってください。

強いていうなら、「スマホを使う」が解決策になります…。

Wechatをパソコンで利用する方法

Wechatをパソコンで利用する方法は2つあります。

  1. Web版(ブラウザ版)を利用する
  2. アプリをインストールして利用する

以上の二つです。

基本的に「②アプリをインストールして利用する」を選択する人が多いです。

いちいちウェブで検索するのが面倒だからです。

まずは「①Web版(ブラウザ版)を利用する」について説明します。

①Web版(ブラウザ版)を利用する

パソコンの容量がないときや、友達のパソコンを一時的に借りるときにはこれを使いましょう。

wechatのweb版(ブラウザ版)を開くとこのような画面が現れる。

web版(ブラウザ版)のURLは下記の通り
https://web.wechat.com/

出てきたQRをスマホで読み取るとログインできます。

QRコードの読み取り方

スマホでのQRコードの読み取り方は下記の通り。

  1. スマホでWechatを開く
  2. 右上の+マークを押す
  3. 上から三つ目の「扫一扫」(scan)を押す

以上です。

別のQR読み取りアプリからではうまく作動しないと思いますから、気を付けてください。

②アプリをインストールして利用する

公式のページからダウンロードできるアプリを利用する方法です。

職場や自身のパソコンでWechatを利用したい場合には、こちらを使いましょう。

wechat公式ページWechatの公式ホームページ。ここからパソコン版のアプリがダウンロードできる

Wechat公式(日本語):https://www.wechat.com/ja/

初回の起動、ログイン方法:

  1. 公式サイトからアプリをダウンロード
  2. インストール開始
  3. 起動後QRでログイン(Web版と同じ)

一度ログインしてずっと使っていれば、QRコードの読み取りが必要ではなくなります!

これがWeb版との違いの一つ。

2回目以降のログイン方法:

  1. パソコンでログインボタンを押す
  2. スマホに通知が来るので許可を押す
  3. ログイン成功

まとめ:Wechatのパソコン利用方法は2種類。一時的ならWeb版、長期ならアプリ版を使う

ここまでWechatのパソコン利用についてわかりましたか?

  • Wechatのパソコン利用方法は2種類。
  • 一時的ならWeb版、長期ならアプリ版を使う

以上です。

パソコンでの利用方法をマスターして、快適なWechat lifeを送りましょう!

ABOUT ME
外大.net運営本部
外大.net運営本部
「全国外大生が、外大的活動を存分に行える『場所』をツクる」という理念の下、様々なサービスを展開していきます。ライターを随時募集中!